S-CAFE

大学入試を受けてからかれこれ5年…

構造工学コース 修士1年の田川夏湖、貢宏美です。

1月17・18日にセンター試験を受けられた受験生の皆様お疲れ様でした。

私たちが受験したセンター試験は、タイトルの通りかれこれ5年前で、月日の流れる速さに驚きを隠せません。

また、前期試験の受験の時には、ちょうど冬季オリンピックが開催されており、テレビ越しに選手の方々の活躍を見て、私も頑張らなければ!と励まされていた記憶があります。

 

現在は、二次試験に向けて勉強をされていることと思います。

大変かとは思いますが、悔いが残らないように最後まで頑張ってください!!

 

願書の提出は始まっておりますが、工学部志望の皆様の中でコース選びをされているかたに構造工学コースの魅力を少しでもお伝えできればと思います。

 

構造工学コースでは建築、自動車、航空機、船舶、橋など形のある「もの」を対象に学ぶコースです。

 

構造工学コースの特徴は工学に関する幅広い知識を得られることです。そのため、卒業後の進路は建築系、土木系、機械系、公務員等多岐にわたります。

 

 

また様々な資格も取得可能です、(http://www.st.nagasaki-u.ac.jp/course/licence/ 参照)

今年は修士1年の5名が2級建築士試験に合格しております。

昨年度も4名の先輩方が合格されています。

筆者の貢も、資格取得を通して、自分の勉強のスタイルを改めて見つめ直すことができました。

また、資格学校などで行われる模試の結果に落ち込んだ時もありましたが「絶対あきらめないぞ!!」という気持ちを強く持ち続けることで、二級建築士試験の合格を手にすることが出来ました。

日々の研究と両立してこのような資格試験の勉強を行うため、大変と感じることはありますが、非常に有意義な学生生活になるのではないかと考えております。

 

 

構造工学コースは現在7つの研究室があります。主に建築、土木、機械、船舶と多岐に渡っております。

過去の記事で機械系と建築系の2つ研究室を紹介しております。

他の5つの研究室紹介は随時アップしていく予定ですので、そちらも是非ご覧ください!

 

 

入学試験の前期日程まで約1か月となりましたが、受験生の皆様は寒さに負けないよう、体調にも気をつけて、頑張ってください!

皆様の健闘を心からお祈りしております。

 

プロフィール

田川夏湖
田川夏湖 博士前期課程

研究室:吉武研究室
研究内容:モーターの制振に関する研究
趣味:映画鑑賞

コメント