S-CAFE

S-CAFE

景観に配慮した長崎の建物

グラバースカイロードからの長崎港

平成16年に景観法が施行されましたが,長崎県では以前から景観を考え「環長崎港地域アーバンデザインシステム」を組織して,長崎港周辺に立つ建物をコントロールしています。建物の外観コントロールは,「高さは○m以下」,「建物の色は○○の範囲で」,「建物の▲▲は緑化を」などの項目があり,それをクリアすればOK…続きを読む

カリキュラム等の外部評価委員会を開催しました

構造工学コースではカリキュラム(技術者教育プログラム)がJABEEの認定を受けています。 カリキュラムの社会性や妥当性を問うため,各方面からの評価をもらい,それを踏まえてカリキュラムや輩出する技術者像を検討します。 学生や卒業生の皆さん,卒業生の就職先の方々にはアンケートを実施しています。 (その節…続きを読む

学内広報誌CHOHOに,原田教授の学長との対談,安武准教授の地域での活動が掲載されています

学内広報誌CHOHOの50号(冬季号:2015年1月)が発行されました。 巻頭で対談が組まれ,長崎大学のビジョンが熱く語られています。「地域で活かされる長崎大学の「知」」では,都市計画分野の住民と協同したまちづくり活動が紹介されています。 全ページをPDFで読みたい方は下記サイトにアクセスしてくださ…続きを読む

伝統的な木造住宅

住まいにおいて木が好きという人は多いと思います。しかし木造の住宅は?というと,どんどん減っており,30年前は80%以上が木造住宅でしたが,現在は60%を下回っています。 私は風土に根ざした伝統的な住宅が後世に残って欲しいと願う一人ですが,総務省統計局の平成20年の住宅・土地統計調査によると,昭和25…続きを読む

建築事務所訪問・徳岡設計

4月20日に関西にある徳岡設計を訪問しました。自然光にあふれるオフィスです。所員の方の雰囲気は楽しみつつ緊張感を持ってという感じで、創造的なものが生まれる場所だなという印象でした。意匠設計だけではなく、設備設計や構造設計も同じ空間にあり、相互に意思疎通しながら応答した設計になっています。ギャラリーに…続きを読む

住宅へのメートル法の導入

日本といえば畳。畳と言えば尺貫法。そして畳のサイズが地方ごとに違い,江戸間,中京間,京間などありますが,住宅にメートルグリッドが使われるようになったのはいつなのでしょう?私に答えはまだありません。 私の経験では,住宅でメートルグリッドを見たのは社宅,三菱鉱業の昭和12年築の炭鉱住宅がはじめてでした。…続きを読む

お知らせ:俵石城の縄張り構造と深堀氏

九州大学の木島孝之先生に長崎市深堀にある俵石城について講演いただきます。 ここ30年ほどの城郭研究では「縄張り研究」が盛んです。この研究の特徴は,城郭の縄張り(曲輪・堀・土塁・石垣等の土木物や建築物で構成される城郭のかたち)の構造に着目し,史料として活用する点にあります。この「遺跡から読み解く」手法…続きを読む

新年の挨拶 深堀編

宿場や城下町などの観光資源がある町の再生がTMO等でやられてきましたが,再生が経済と結びつく人(商売する人:店主等),昼間に動ける居住者がいることも機動力として重要でした。 目の前に餌のない人ばかりのところはどうすればいいのか?と思い,これまでは戸建て住宅地や農村など取り立ててスゴイ!というものがな…続きを読む

スタンダードについて

クリスマスに某有名百貨店のwebショップでケーキを注文したところ,「指定日に来ない,冷蔵配達のはずが常温で配達,ケーキは転倒。常温だったのでケーキは崩壊」というお粗末な状況で届けられました。百貨店に対する信頼にもお金を払っているのにと,一応状況を電話したところ,「代替品をすぐに発送します」という返事…続きを読む

ナポリ大学にショートステイ

IMG_0283

長崎大学工学部構造工学科4年の力久陽介です。私は4年次(2012年夏)に留学生交流支援制度を使ってイタリアのナポリ大学に2週間滞在しました。現地では同じ建築を学ぶ学生と触れ合うことによって大学で勉強していることが世界で通用するということがわかりました。同じ志を持つ友達と研究や勉強のことについて話し合…続きを読む