新着情報

着任の挨拶

はじめまして。構造工学コースに着任しました永井弘人と申します。私は兵庫県高砂市の出身ですが、大学に入ってからは福岡市、仙台市、北九州市、大分市と移り住み、いま長崎の地にやって参りました。長崎には、出島の時代より引き継がれた伝統的な開放性や寛容性などを感じ、これまでに住んだ地とは異なる独特の雰囲気を感じます。この自由な気風の長崎の地で研究に取り組めることを楽しみにしております。

 私はこれまでに、主に航空宇宙工学分野の流体と構造との連成現象(空力弾性学)に取り組んで参りました。航空機や建築物の流体構造連成振動など、一般的に空力弾性変形は、構造物に損傷を与える現象であり避けるべきものでした。しかし、生物の飛行を観察すると、胴体や翼の柔軟な弾性変形を空力・推進機構・飛行制御に活用しており、その統合的な設計によってシステム全体としての軽量化を実現しています。長崎大学では、このような生物からヒントを得た柔軟構造の積極的な利用に取り組みたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

nagai3

                      永井 弘人

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 研究室・教員紹介

TOEIC

TOEIC

S-CAFE

あつまれ!ウェブ編集委員募集!

JABEE