新着情報

新コース長の挨拶

2020年度が始まります。昨年度末からの新型コロナウイルスで,卒業式もなく,謝恩会もなく節目の行事をしないまま卒業生・修了生を送り出さなければならなかったのは大変残念です。新年度,皆さんに会えるのかも分かりません。遠隔授業の可能性もあります。

そんななか,私が伝えたいのは,全体の幸福を考えられる人になってください,ということです。

2月末にイタリアミラノのヴォルタ高校の校長が生徒へ送ったメッセージが話題になっています。マンゾーニの『許嫁』に書かれた当時のペストの流行を引用して,「今の状況で最もリスクが高いのは、社会と人間性を台無しにすることだ」「社会生活と人間関係が毒され、市民生活が荒廃することだ」と。

日本人が世界各地で保菌者扱いされ暴行や罵声を受けたり,入国拒否されたりしたニュースが流れています。心は痛みませんか。そのとき「もとは○○のせいだ」等,負の感情を抱いていませんか。マスクがなくなる,トイレットペーパーがなくなるというニュースで自分だけ確保しようとしませんでしたか。パニックは連鎖です。小さな心のほころびがつながって大きくなっていきます。それは逆に一人ひとりが見識を持って振る舞えばパニックは起きません。

あなたが適切に情報を収集し,感染を広げないように予防をし,病気になった人がきちんとした治療を受けられるような社会を想像して,行動してください。コロナウイルスを種に,他国の人を差別したり,買い占めをしたり,デマを拡散させたりする人にはならないでください。

昨年,ハンセン病家族訴訟のニュースを目にした人は多いと思います。非常に感染力が低いにも関わらず,日本では長らく隔離をし,家族も差別してきました。社会を正しく見るには,知恵が必要です。授業だけでなくいろいろな場面で学び,批判的に見る目を養って,社会に出てもらいたいと願っています。

新型コロナはいずれ収束します。後で振り返ると,新型コロナはこれまでの慣習や常識をシフトする契機となり社会がよくなる面ももたらしているでしょう。

4月に会えるのを楽しみにしています。

2020年度コース長 安武 敦子

  • 研究室・教員紹介

TOEIC

TOEIC

S-CAFE

あつまれ!ウェブ編集委員募集!

JABEE