研究室・教員紹介

土木施工・メンテナンス

研究室HP

研究室の概要

メンテナンス時代を支える補修補強工法の開発

「21世紀はメンテナンスの時代」.これまでに社会基盤としてストックされたコンクリート構造物は,将来にわたっても長持ちするように使っていかなければなりません.当研究室では,炭素繊維やアラミド繊維などの連続繊維補強材を用いた新たな補修補強工法や新たな定着法についての研究開発を行っています.また,どのような要因でコンクリート構造物が劣化していくのかのメカニズムを検討することによって,逆に,どうすればより長持ちできるのか(耐久的なコンクリートになるのか)についての研究を行っています.

ゼミについて

原田哲夫

研究以外に,長崎県,長崎市の各種委員会活動を通して,地域への貢献を行っています.

長崎県 フライアッシュ利用促進検討委員会委員長(2008年6月~2010年3月)
長崎県入札監視委員会委員長(2008年7月~現在)
長崎県公共事業評価監視委員会委員(2003年4月~2011年3月)
長崎県総合評価落札制度検討委員会委員(2009年1月~現在)
海砂採取に関わる有識者会議委員長(2010年4月~現在)
長崎市 長崎市開発審議会委員長(2008年11月~現在)
まちづくり交付金事業等評価委員会委員長(2009年12月~2011年11月)
長崎市都市計画審議会委員(2010年11月~現在)
長崎県生コンクリート品質監査会議副議長(1996年9月~2011年3月)
長崎県生コンクリート品質監査会議議長(2011年4月~現在)

佐々木謙二

コンクリート構造物の寿命予測,環境対応型コンクリートの開発に関する研究を行っています.

過去の論文テーマ
学外論文(2010年度~)
  • 定着用膨張材によるPC緊張材の定着に関する解析的検討
  • 定着用膨張材を用いた中間定着工法における定着長に関する解析的検討
  • 蒸気養生を模擬した温度履歴を与えたコンクリートの力学的性質に及ぼす養生条件と結合材種類の影響
  • 各種結合材を用いた蒸気養生コンクリートの水分逸散性状
  • PCa製品を想定した温度履歴を与えたコンクリートの力学的特性に及ぼす結合材種類と養生条件の影響
  • 蒸気養生を模擬した温度履歴を与えたコンクリートの水分逸散性状と緻密性評価
  • 各種結合材を用いた蒸気養生コンクリートの物質移動性状に関する実験的検討
  • CFRPより線の曲げ引張特性と外ケーブル工法への適用に関する研究
  • 球状黒鉛鋳鉄円管部材の破断に及ぼす引張特性
卒業論文(2010年度~)
  • 結合材種類と蒸気養生条件がコンクリートの強度特性および物質移動特性に及ぼす影響(2010年度)
  • ポリマーセメントモルタルの下面増厚工法への適用に関する実験的研究(2010年度)
  • HEM定着法による各種補強材の定着条件に関する研究(2010年度)
  • 圧縮予ひずみを受けた異形鉄筋の機械的特性に関する研究(2010年度)
  • 各種結合材を用いたコンクリートの力学的特性に及ぼす養生条件の影響(2011年度)
  • コンクリートの収縮特性に及ぼす結合材種類と養生条件の影響(2011年度)
  • コンクリート中の物質移動特性に及ぼす結合材種類と養生条件の影響(2011年度)
  • ポリマーセメントモルタルとCFRP格子筋により下面増厚補強された部材の曲げ・せん断挙動に関する研究(2011年度)
  • 定着用膨張材を用いた各種PC緊張材の定着耐力に関する研究(2011年度)
  • 静的破砕剤によるコンクリートの内圧破壊とひび割れパターンに関する研究(2011年度)
  • 球状黒鉛鋳鉄の材料特性に関する基礎的研究(2011年度)
  • 各種粉体を用いた高流動コンクリートの粘性評価に関する研究(2012年度)
  • 初期高温履歴を受けたコンクリートの力学的特性と収縮特性に関する研究(2012年度)
  • 初期高温履歴を受けたコンクリートの物質移動特性に関する研究(2012年度)
  • ポリマーセメントモルタルと既設コンクリートとの付着特性に関する研究(2012年度)
  • 定着用膨張材を用いた中間定着におけるPC緊張材の付着長に関する研究(2012年度)
  • 球状黒鉛鋳鉄の繰返し引張特性に関する研究(2012年度)

原田哲夫 教授
原田哲夫 Tetsuo Harada

メッセージ

「研究テーマは,現場にあり!」
コンクリート構造物を長持ちさせる工法を研究.
現場で問題点を見つけ,その本質を追求して生み出した工法は再び現場にフィードバック.
あなたが利用する道路や駅でも,私の工法が使われているかもしれませんね.

政治,経済,歴史,哲学など幅広い分野で,自分で面白そうと思った本は,手に取って読んでみてください.毎日の食事と同じで,読んだだけ知識の栄養は自分のものになると思います.読書は,将来の自分への投資です.本を買うことにためらいのある人は,図書館を大いに利用してください.

詳しいプロフィール
おすすめの書籍など
  • プラグマティズムの作法-閉塞感を打ち破る思考の習慣-
    藤井聡/技術評論社/2012
  • 理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性
    高橋昌一郎/講談社現代新書/2011
  • 知性の限界-不可側性・不確実性・不可知性-
    高橋昌一郎/講談社現代新書/2011
  • 聞く力
    阿川佐和子/文春新書/2012

kenji_sasaki 助教
佐々木謙二 Kenji Sasaki

メッセージ

コンクリートは、社会を支える重要な資材です。
安価で調達しやすく、使い方も容易で、いまだ他に代わるものがない優れた資材、コンクリート。
実は、なぜ、丈夫で長持ちなのかなど、本質的なことはわかっていません。
いまミクロの世界で解明が進められ、より優れたコンクリートの開発が期待されています。

詳しいプロフィール
おすすめの書籍など
  • 図解橋の科学 なぜその形なのか?どう架けるのか?
    土木学会関西支部編/田中輝彦・渡邊英一他著/講談社ブルーバックス/2010
  • コンクリートなんでも小事典 固まるしくみから,強さの秘密まで
    土木学会関西支部編/井上晋他著/講談社ブルーバックス/2008
  • 世界がわかる理系の名著
    鎌田浩毅著/文春新書/2009
  • 研究室・教員紹介

S-CAFE

あつまれ!ウェブ編集委員募集!

TOEIC

JABEE