研究室・教員紹介

研究室一覧

土木施工・メンテナンス

高速道路RC床版の炭素繊維シートによる補強
高速道路RC床版の炭素繊維シートによる補強
メンテナンス時代を支える補修補強工法の開発

コンクリート構造物は、将来にわたっても長持ちするように使っていかなければなりません。
当研究室では、炭素繊維やアラミド繊維などの連続繊維補強材を用いた新たな補修補強工法や定着法についての研究開発を行なっています。

原田哲夫
教授
原田哲夫 Tetsuo Harada
kenji_sasaki
助教
佐々木謙二 Kenji Sasaki

この研究室の詳細

耐震設計学・建築構造学

西表島での耐震補強施工後の様子
西表島での耐震補強施工後の様子
耐震建築構造用の鋼コンクリート合成部材の基礎と応用に関する研究

耐震補強技術の普及により地域防災力を向上させる社会的実験研究
損傷制御型RC造有壁架構の開発研究
CFT短柱のせん断性状に関する実験とFEM解析

icon-nakahara
教授
中原浩之 Hiroyuki Nakahara

この研究室の詳細

機械力学・振動工学

構造物の制振と発電を同時に行う装置の実験
構造物の制振と発電を同時に行う装置の実験
構造物や機械のための制動装置の開発、各種振動解析、および振動エネルギーの利用

振動を抑えるとともに,そのエネルギーを利用して発電を行う研究をしています。

吉武裕
教授
吉武裕 Yutaka Yoshitake
原田晃
助教
原田晃 Akira Harada

この研究室の詳細

劣化診断・建設マネジメント

平和祈念像の3DFEM解析
平和祈念像の3DFEM解析
光学的計測方法とFEM解析を用いたインフラ構造物の劣化・変状メカニズムの解明

インフラ構造物の長寿命化のためには、変化が”いつ”、”どこに”、”どんな形で”生じ、そして”何を”もって劣化と評価するかを特定する必要があります。
本研究室では光学的計測手法を用いて構造物の劣化過程を可視化し,さらに非線形有限要素法解析を用いて構造物のメンテナンス技術への適用可能性について検討しています。

松田浩
教授
松田浩 Hiroshi Matsuda

この研究室の詳細

船舶海洋・破壊制御工学


鋼鉄を美しく曲げるシステムの構築や、構造物の損傷を早期発見するモニタリングシステム開発

当研究室では、熟練していなくても鋼の板を美しく曲げるシステムを構築し、技術者のサポートをしようとしています。また、飛行機,船舶,列車,橋梁など様々な構造物の損傷を早期に発見し,軽微な損傷のときに修理を知るためのモニタリングシステムを開発しています。

勝田順一
准教授
勝田順一 Junichi Katsuta

この研究室の詳細

居住環境学・建築環境工学

熱空気環境の測定風景
熱空気環境の測定風景
居住環境の健康性・快適性・省エネルギー性の評価と改善

居住環境の快適性と健康性を確保しながら、同時に省エネルギーも実現できるようなライフスタイルのあり方について研究しています。そのために主に住宅を対象とした熱空気環境およびエネルギー消費量の実測やアンケートを実施し、まず実態把握を行うことにより問題点を抽出します。居住環境を巡る諸問題を住まい方の改善によって解決する方法を提案することを目指します。

icon-genjo
准教授
源城かほり Kahori Genjo

この研究室の詳細

建築計画・都市計画

ワークショップ風景
ワークショップ風景
住環境のマネジメントや都市の景観構造および伝統的集落の研究

本研究室では伝統的な集落に日本固有の住まい方の作法を求めたり、よい策を実施している地域で調査を行なってモデルを抽出したり、イベントを仕掛けて反応を追いながら可能性を探ったりしています。
また景観や地区計画といった分野についても生活者の視点から研究しています。

yasutake
准教授
安武敦子 Atsuko Yasutake

この研究室の詳細

複合構造工学・維持管理工学

航空機を用いた複合構造形式である誘導路橋の走行試験
航空機を用いた複合構造形式である誘導路橋の走行試験
革新的モニタリング技術の開発とその一般橋梁への展開

道路橋のトラック荷重の数十倍の重量である数百トンの大型航空機が通過できる世界で類を見ない複合構造形式の合成床版橋を開発するとともに,その革新的モニタリング技術の開発を実施しています.また,橋梁の点検・診断・措置・記録のメンテナンスサイクルの効率化などについても取り組んでいます.

yamaguchi
准教授
山口浩平 Kohei Yamaguchi

この研究室の詳細

  • 研究室・教員紹介

S-CAFE

あつまれ!ウェブ編集委員募集!

TOEIC

JABEE