コース案内

英語教育 [TOEIC]

TOEICによる英語教育

TOEIC600点を目指そう


工学研究科では工学系技術文献で用いられる特徴的な英語表現を習得し,それを使用した英語表現が使えるようになることを目的に技術英語の授業が開講されています。

構造工学コースでは外部試験としてTOEICの試験の結果を考慮して総合的に評価しています。具体的にはTOEIC400点以上が卒業要件になっています。400点という点数は,社会が技術者に要求する下限の水準と考えています。

公開TOEICスコアは,平均点,最高点ともに徐々に上昇していて,平成17,18年頃は450点程度であったものが,最近は500点前後で推移しています。平成23年度にはじめて500点を超え、平成28年度は2年ぶりに500点を超えました。そして令和2年度,過去最高の572点となりました。

受験を奨励するために受験料助成制度や学年TOEIC賞,卒業時TOEIC賞を設けています。TOEIC2020

TOEICスコアの推移

しましょう!

Hさん

TOEICは,対策次第で短期間でスコアを伸ばせる試験です.私自身,約1か月半の対策で560点から765点まで伸び,最終的に860点まで伸びました.ここでは,私の経験をもとに,対策や試験のコツを簡単に書きたいと思います.

TOEICは文法自体はそれほど難しくなく,スコアアップの鍵は「対TOEICの単語力+慣れ+テクニック」だと思います.私がおこなった対策は,TOEIC用の単語帳で頻出単語をひと通りチェックし,本番形式の模試をひたすら解くことです.これだけで伸びたので,単純にスコアを伸ばしたい人は他の作業は不要だと思います.模試は,ETSの公式問題集が良いです.ただ,研究室に転がっているような古い問題集は,現在と形式が異なったり問題が簡単だったりして試験対策には不向きなので,最新のシリーズを書店で揃えるべきです.高いですが,手っ取り早くスコアを伸ばしたければ課金しましょう.

リスニングのコツは,問題の先読みです.会話の音声が流れている以外の時間は,先の問題の設問をひたすら読み,設問を全て把握した状態で音声を聴くことが大事です.また,ナレーターの出身国によって発音が違う単語があるのも注意です(schedule, advertisement等).これらのことを意識しながら演習を繰り返すと,リスニングはぐんと伸びると思います.

リーディングはとにかく時間勝負です.できるだけ塗り絵(時間が足らず最後に適当にマークすること)を減らすことを意識し,長文に時間をかけられるように上手く時間配分をして解くことが大事です(Part5,6で時間を使うのはNG).リーディングはリスニングに比べて伸びにくいですが,問題をひたすら解いて試験に順応するしかありません.次第に目が英文に慣れ,時間配分もうまくできるようになってきます.あと注意する点は,マークのやり方です.濃く塗りつぶせと注意書きがありますが,鉛筆で真ん中に線を太く1本引けば読み取ってくれます.不安なら線2本とかでも良いと思います.細いシャーペンでぐりぐりと塗りつぶすのは時間の無駄です.マークのやり方次第で数分のアドバンテージが生まれます.

以上が私が思うTOEICのコツです.短期間でスコアを伸ばしたい人は,是非参考にしてみてください.また,試験当日のコンデションは結構大事です.早起きして頭が回るようにしておきましょう.

コース案内

TOEIC

TOEIC

S-CAFE

あつまれ!ウェブ編集委員募集!

JABEE