コース案内

表彰

学生

「学生ものづくり・アイディア展in長崎」銀賞(2014)

工学研究科博士前期課程総合工学専攻構造工学コース1年 蘇武臣太郎、長島和輝、村上心 
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2014_1217_2.pdf

「学生ものづくり・アイディア展in長崎」特別賞(2014)

工学部構造工学コース4年 内野耀太、香山亨也、高橋広太、御厨健太
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2014_1217_1.pdf

一般社団法人日本鋼構造協会鋼構造シンポジウム優秀講演賞(2014)

工学研究科博士前期課程総合工学専攻構造工学コース2年 岡本佳樹
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2014_1205_4.pdf

土木学会平成25年度全国大会第68回年次学術講演会において優秀講演賞(2013)

工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース2年 緒方宇大
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2013_1227_1.pdf

「学生ものづくり・アイディア展 in 富山」最優秀賞(2013)

工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース1年 安部晃、飯田康博、桐山尚大、古賀俊行、野崎優
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2013_1219_1.pdf

「学生ものづくり・アイディア展 in 富山」特別賞(2013)

工学部構造工学科4年の安部知佳子、田川夏湖
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2013_1219_2.pdf

平成25年度 一般社団法人溶接学会九州支部 優秀学生講演賞(2013)

工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース2年 井村友祐

一般社団法人日本鋼構造協会鋼構造シンポジウム 優秀講演賞(2012)

工学研究科博士前期課程1年森﨑雅俊
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2012_1126_1.pdf

「第21回プレストレストコンクリート発展に関するシンポジウム」優秀講演賞(2012)

工学研究科博士前期課程1年 熊本和展
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2012_1126_2.pdf

教職員

資格教育等で貢献

構造工学コースでは、TOEIC受験による英語能力の向上、大学院生の2級建築士資格取得などを奨励していますが、これらの担当者として着実に成果を上げてきた安武敦子准教授を顕彰しました。
安武准教授は、技術英語Ⅰの担当者として、コースの全学生のTOEIC受験指導を行ってきました。その結果、平成23年度の卒業生の平均点が506点に達し、平成25年度の卒業生の平均点は527点と学生の英語能力が飛躍的に伸びました。
また、建築系の教員として、大学院生の2級建築士の受験指導を行い、2013年には4名を、2014年は5名を合格に導きました。
さらに、学生による授業評価も毎学期、高い評価を受けています。

応用測量学会論文奨励賞(2013)

「橋梁維持管理における遠隔測定法の開発と 評価」
松田浩教授,工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース1年 緒方宇大
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2013_1115_1.pdf

公益社団法人プレストレストコンクリート工学会論文賞(2012)

「光学的全視野ひずみ計測法を 用いた応力解放法によるPC構造物の現有作用応力測定法に関する研究」
松田浩教授
http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/data/411_pdf/k2012_0516.pdf

日本技術者教育認定機構(JABEE)受審で顕彰(2005)

吉武裕教授

2004年日本建築学会奨励賞(2004)

「二層ブレース架構における柱材の力学性能の違いが架構の層間変形集中に与える影響」
木村 助教授(現在、東北大学教授)

特色ある大学教育支援プログラム(GP)の貢献で顕彰(2002)

平成15年度採択GP「特色ある初年時教育の実践と改善~教育マネジメントサイクルの構築~」
原田哲夫教授

特色ある大学教育支援プログラム(GP)の貢献で顕彰(2002)

平成15年度採択GP「ものづくりを支える工学力教育の拠点形成~創造性豊かな技術者を志す学生の連携による教育プログラム~」