用語の説明(2章)


[2章へ戻る] [Top Pageへ]

コンクリート橋の塩害による早期劣化

塩分などの腐食性因子がコンクリート中に侵入し、中の鉄筋やPC鋼材を腐食させます。鋼材は腐食すると膨張し、そのときの圧力がまた引張りに弱いコンクリーを破壊させているのです。その結果、鋼材は剥き出しの状態となり腐食がますます進行し、やがては鋼材が破断してしまい、橋が荷重をささえきれなくなります。

劣化を受けたRC橋

劣化を受けたRC橋


S.Calatrava (カラトラバ)

カラトラバはパリで芸術を学んだ後、チュリーヒ工科大学で構造を学んでいます。 以下にカラトラバが設計した歩道橋を示します。

MERIDA橋

Bach de Roda-Filipe II橋

RIPOLL橋

ALAMILLO橋

文献15


J.シュライヒ

1994年9月、欧州橋梁補修調査した時、ドイツ、シュツットガルト市内の閑静なシュライヒ先生宅 (Hasenbergsteige:うさぎがかけ上る坂おいう意味)にて、ワインを囲んで。

右より成井信氏、シュライヒ夫妻、韓あゆみ氏、山崎淳先生、1994年9月。

シュライヒ教授宅にて

Rosenstein Park II橋

Rosenstein Park I橋

Wullesteg橋

Max-Eyth-See橋

文献15

レーベントアー歩道橋


イナコス橋

文献5

イナコス橋


日本における建築と土木

欧米では工学部の中で土木、建築の区別はなく、Civil Engineering(英), Bauingenieurwesen (独)と呼ばれています。 建築学はむしろ芸術学部の中に含まれる場合が多いようです。 カラトラバもパリで芸術を学んだ後、チューリヒのメンのもとで構造を学んでいます。
しかし、日本では明治政府の西洋化政策のもとに建築学は工学部に設立されました。 そのため同じことでも建築と土木では用語の呼び方が異なったりすることがあります。 橋の設計は主に土木工学で教育・研究されています。


タワーブリッジ

タワーブリッジ

文献8


墨田川の勝鬨橋

1996年8月18日、息子と見た「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は墨田川の可動橋「勝鬨橋」をテー マとした番組でした。

主人公の両津は隅田川の橋を全部覚えていました。 私が学生時代の漫画でしたが、今、子供のテレビ漫画のテーマとして橋は取り扱われています。 8月25日のNHKの「日本人の質問」でも``五輪橋''が問題になっていました。

勝鬨橋


[2章へ戻る] [Top Pageへ]