土質力学(学部2年後期,原田教授担当)

 ねらい:土木・建築構造物で、地盤に係わりのないものは皆無といってよい。地盤を構成する土の物理的性質や工学的分類、土中の水理      現象や土の圧密など、土の力学に関する基本的な考え方について学び、理解を深めることを目的としている。
 到達目標:土の物理的性質、土中の水理現象、弾性地盤内の応力や土の圧密など、土の力学の基本について説明でき、これらに関する        計算ができるようになることを目標とする。  

 

基礎構造設計法(学部3年前期,原田教授担当)

 ねらい:基礎構造とは、建物や橋梁等多種多様の上部構造を支える重要な構造物である。構造物基礎の挙動はそれを支える地盤の挙動       であるため、基礎構造の設計に最も関連の深い土の力学について講義する。同時に基礎構造の設計計算例を通して、設計の基      本的な考え方、方法等について学び、理解する。
 到達目標:土の強さ、土圧等、土の力学の基本が理解でき、これらに関する計算問題を解くことができるとともに、擁壁、矢板壁などの設        計計算や支持力の計算ができることを目標とする。

 

PC構造学・同演習(学部3年後期,原田教授担当)

 ねらい:プレストレストコンクリート構造(PC)、特にPC部材の力学的挙動について理解し、簡単なPCの設計計算ができることを目標にして      いる。
 到達目標:プレストレストコンクリート構造学(PC構造学)の基本を習得し,構造力学や材料力学に基づき,PC構造の力学的挙動に関する        基本的な計算ができるようになること、また、PC単純桁の設計計算ができることを目標とする。

 

維持管理工学(学部3年後期,原田教授担当)

 ねらい:社会資本の管理の基本的考え方を紹介し、コンクリート及び鋼構造物の維持管理法について講義を行う。また、非破壊計測器を       用いて実習を行う。
 到達目標:社会基盤構造物の保全と維持管理の必要性を理解するとともに,コンクリート構造物および鋼構造物の劣化機構と維持管理の        あり方を理解し,説明できること。また,これらの知識を基に,実構造物の変状を調査し、レポート作成を行うことによって,維持        管理の諸問題について自ら探究的に考察できる。

 

構造工学実験(学部3年通年,原田教授・佐々木助教・永藤技術職員担当)

 ねらい:コンクリート材料,フレッシュコンクリートの特性及び鉄筋コンクリート(RC)の挙動について理解する。
 到達目標:コンクリート材料関係:コンクリート構成材料を理解し配合設計ができる。フレッシュコンクリート特性やコンクリート強度特性を理        解でき,曲げ載荷試験を行い,考察ができる。強度試験,曲げ載荷試験結果をグループでまとめ,プレゼンテーションできる。

 

構造力学演習Ⅰ(学部2年前期,佐々木助教担当)

 ねらい:構造力学Ⅰ及び構造力学Ⅱの講義に合わせてその演習を行う。
 到達目標:静定はり,静定トラスのM-図,Q-図を自在に描けるようになること,また,変形を求めることができるようになること等を目標         にする。

 

構造力学演習Ⅱ(学部2年後期,佐々木助教担当)

 ねらい:構造力学Ⅲの講義に合わせてその演習を行う。
 到達目標:不静定ばり,不静定トラス,ラーメンのM-図,Q-図を自在に描けるようになること,また,変形を求めることができるようになる        こと等を目標にする。