キャンパスライフ

在校生メッセージ

大脇佳歩
大脇佳歩 Owaki Kaho
Category:

2級建築士試験を通して

今回,無事2級建築士の資格試験に合格することができました。私が建築を目指したきっかけは,中学生の時に住宅の設計がしてみたいと思ったことです。形態は様々ですが,ほぼ全ての人には帰る家があります。その家を自分が建てることができたら,そんな思いから建築に興味を持つようになりました。大学進学の際,志望大学を決めかねていた時に,先生から構造について深く学んでみるのも良いのではないかと薦められ,建築士の受験資格も得られる長崎大学に進学することを決めました。

大学に進学して,「建築」といっても色んな職種があることを知りました。しかし,就職を考える際にはやはり自分が建築に興味を持った原点である住宅に関わる仕事がしたいと思い,ハウスメーカーなどへの就職を考えるようになりました。設計職に就くためには建築士の資格が必要なので,学部卒業で受験資格のある2級建築士の試験を受けることにしました。

試験には学科試験と製図の試験があり,4年生の秋から大学が提携したアカデミック講座を受け,本格的に勉強に取り組んだのは大学院に入学した4月からでした。資格学校の受講料のためにアルバイトもしていたので,授業に資格の勉強にと夜遅くまで勉強しても時間が足りませんでした。常に焦りと眠気との戦いでしたが,最後まで頑張れたのは一緒に勉強してきた友達がいたからだと思います。

試験合格は,これから始まる就職活動の励みにもなりました。部活やアルバイトなど大学で自分の成長できる場はたくさんありましたが,今回の試験合格,そのための努力は自分にとって大きな自信になりました。

二級建築士の試験は卒業しないと受けることができませんが,大学生の間に取得できる資格やTOEICなど,意欲があれば自分のスキルアップにつながることがたくさんあります。大学生活はあっという間なので,色んなことに挑戦してみると良いと思います。